使い勝手のよいお洒落なキッチンにリフォームするための注意点まとめ

使い勝手のよいお洒落なキッチンにリフォームするための注意点まとめ
おしゃれで使い勝手の良い機能的なキッチンにリフォームするための注意点をまとめています。L型・I型のシステムキッチンやシンクの選び方、おすすめな収納や混合水栓、食器洗浄機設置の際のポイント、キッチンリフォーム費用の抑え方などを解説します。

1、間口と広さに合わせてキッチンを選ぶ


システムキッチンは、間口を測ってそれにあったものを選びます。
隙間無く収めたい場合は、特注になります。

メーカーの多くは(多少誤差はありますが)1650〜3600mmの間で15cm幅で対応できるシステムキッチンを作っていることが多いです。
システムキッチンには、基本的にI型とL型のレイアウトがあります。
間口が大きい場合はI型を入れると動線が長くなるため、L型のほうがおすすめ。
狭いキッチンは、L型だと圧迫されてしまうので、I型にしましょう。

ちなみに食器洗浄機は間口が2400mm以上でなければ設置できません。


2、上下左右させて、水の温度や量を調節するシングルバー


最近の水栓は、レバーを上下左右させて水量・水温を調節する「シングルバー混合水栓」が主流となっています。
今までシングルバーを使っていた人が新しくする場合は、バーを動かす方向が同じものを選ぶと良いでしょう。

シングルバーが初めてという方は、それぞれのタイプを使ってみて自分が使いやすいタイプを選びましょう。

水が気泡を含んだように出るタイプのものは、洗い物のといに水はねが少なくてすみます。
また、先端のノズルが引き出せてシンク全体を洗うことができるホースタイプのものや、センサーが感度を察知して自動で水が出るなど機能的な商品もたくさん増えてきています。


3、キッチンの目線上は空間をつくらずに収納を


「なるべく空間を大事にしてスペースを広々とさせる」というテクニックは、リビングやダイニングでよく使われますが、キッチンのワークトップの上の空間は絶対に無駄にできません。
窓を設置して明るさを確保しているのであれば収納などを置くのはタブーですが、なにもない場合は食器棚や棚を設置して少しでもワークトップを広くするのが良いでしょう。

キッチンが狭くて、電子レンジやオーブンレンジの置き場所に困っている人はここがおすすめ。

最近では扉が頭上の邪魔にならないプルアップ式の扉や、セット式の収納に昇降式のラックをつくりつけるなど、アイデアあふれる商品が出ています。


4、シンクは深さと奥行きで使い勝手を広げる


シンクは基本的な幅としてシングル(55〜65cm)、ミドル(70〜80cm)、ジャンボ(90〜100cm)の3種類があります。
その中から選ぶ場合、ワークトップの広さを考慮して選ばなければ鳴りません。

一般的にはミドルサイズで作業に支障はないのですが、中華鍋などが洗えるように深めに作るのもひとつの手です。
またワークトップに余裕がある場合は段差をつけて、水切りバスケットをつけたり、まな板、包丁や潜在が設置できる場所をつけるのも使い勝手を良くするためのテクニックです。

シンクは、お手入れや使い勝手を考えてステンレス製にするのが一番よいでしょう。


5、キッチンリフォームをローコストに抑えるためには


システムキッチンを導入するとき「使い勝手を考えているうちに予算内に収まらなくなってしまった」なんてことは多いです。
機能性をそのままに、できるだけローコストに抑えるためのコストダウン術を覚えておきましょう。

施行が簡単なシステムキッチンを選ぶ


間口のサイズに一番近いものをブロックに組み立てたシステムキッチンから選びます。
半端なスペースは収納を設置したり、壁に厚みをつくって工夫すればOK。

既存のキッチンに取り付ける


ワークトップのキズや汚れが気になる場合は、シンクをくりぬいてカウンターをかぶせると言う手も。
同じように、壁やタイルにフィルムを張るだけでキズや汚れをカバーしてくれるという商品もあります。
システムキッチンを導入するよりも、かなり安価にすみます。

メーカーのキャンペーンを利用する


春や秋になるとメーカーが、特定のシステムキッチンを期間限定で特別割り引きする時期があります。
定価の約3割は安くなるので、見計らって活用しましょう。

収納や食器棚は大工さんに


まわりの収納は、面材だけをメーカーからもらい、大工さんに作ってもらえば、見た目を損ねることなく2〜3割の予算カットが実現できます。

キッチンや水回りのリフォームの費用相場については、こちらの記事を参考ください。

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
27

TOP