一戸建て住宅のリフォーム可能な間取り変更の範囲とは?構造や工法を解説

一戸建て住宅のリフォーム可能な間取り変更の範囲とは?構造や工法を解説
一戸建て住宅の間取り変更のリフォーム可能な範囲について解説しています。木造軸組工法や2x4工法、パネル(プレハブ)工法、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など構造・工法の違いについて紹介。建ぺい率や容積率、出窓の考え方などについても解説しています。
より暮らしやすい間取りを手に入れるために、いつかは住まいをリフォームしたい。
そんな計画を持っている人も多いでしょう。

中古の一戸建て住宅を購入し、リフォームするケースも珍しくありません。

では、自分の家だからどんな間取り変更もできるのかというと、そうではありません。
家の構造や工法によっては、出来ることと出来ないことがあります。

マンションの場合はこちら▼
参考記事:専有部分と共用部分?マンションのリフォームで"出来ないコト"とは

一戸建て住宅は構造や工法によってリフォームの自由度がかわる


戸建て住宅で多い構造は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造です。
木造には軸組工法(在来工法)、2x4工法、パネル工法などがあり、この中で比較的自由に間取りの変更が出来るのは柱や梁で構造を支える軸組工法です。
2x4工法やパネル工法は壁で構造を支えているので、これを取り除くことは基本的に出来ません。

したがって、2部屋を繋げたいときなどに制約が出る場合があります。

鉄骨造、鉄筋コンクリート造は間取り変更が比較的容易です。
ただし、壁式構造の鉄筋コンクリート造は壊せない壁があり、その分間取り変更に制限が出ます。

以下の表を参考にしてみて下さい。


戸建ての構造・工法と間取り変更の範囲


木造 軸組工法


特徴
柱や梁を組み合わせて骨組みを造り、床、壁、屋根を取り付ける工法。

間取り変更の範囲
耐力壁以外の壁は壊せるので大掛かりな間取り変更なども比較的自由にできる。

木造 2x4工法


特徴
2インチ x 4インチの枠組部材と構造用パネルを組み合わせて床、壁、天井を造る工法。

間取り変更の範囲
壁で支える構造なので移動や撤去ができない壁が多く、間取り変更にはやや制約がある。

木造 パネル工法(木造プレハブ工法)


特徴
壁、床、屋根などのパネル状の部材を工場で生産し、現場で組み立てる工法。

間取り変更の範囲
2x4工法と同様に移動や撤去できない壁が多く、間取り変更にはやや制約がある。

鉄骨造


特徴
骨組みに鉄骨を使用した構造で、軽量鉄骨造と重量鉄骨造がある。
住宅は軽量鉄骨造がほとんど。

間取り変更の範囲
構造上の柱や梁以外は取り除けるので、大掛かりな間取り変更も比較的自由にできる。

鉄筋コンクリート造


特徴
鉄筋で柱、梁、壁、床などを組み、コンクリートを流し込む工法。
ラーメン構造と壁式構造がある。

間取り変更の範囲
ラーメン構造は柱と梁で支える構造で、間取り変更は比較的自由にできる。
壁式構造は撤去できない壁があり、間取り変更にやや制約がある。


増築は建ぺい率、容積率の範囲内で


敷地いっぱいに増築してリビングやキッチンを広くしたい、平屋を2階建てにして部屋数を増やしたいなど、戸建ての場合は増築によってよりよい住まい、間取りを手に入れることが出来ます。

ただし、建ぺい率と容積率を超えて工事することは出来ません。
リフォームで増築する場合は、この範囲内であるかどうかのチェックが必要です。

建ぺい率は敷地面積に対する建築面積(建坪)の割合。
例えば、建ぺい率50%なら、敷地面積の50%まで建てることが出来ます。

容積率は敷地面積に対する延べ床面積の割合。
どちらも用途地域ごとに建築基準法で定められています。

出窓は延べ床面積に含まれない


部屋にちょっとしたゆとりを作れるのが出窓です。
狭いキッチンやバスルームでは、物を置く場所が増えるので便利さも倍増します。

張り出す部分が外壁よりも50cm未満、床面から30cm以上高い位置にするなど、一定の基準を満たせば床面積に含まれません。

窓のない壁に新たに窓や出窓を設ける場合は、柱や筋交いに影響の無い位置やサイズにすることが大切です。
場合によっては補強工事などが必要になります。

また、既存の窓を取り替えるだけでも、外壁の工事が必要になることもあります。

こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
29

TOP