フローリング床材の特徴比較!無垢材と集成材・合板の違いとは

フローリング床材の特徴比較!無垢材と集成材・合板の違いとは
一軒家やマンションの新築&リフォームで一般的に床に使われるフローリング材の特徴を比較しています。スギ、ヒノキ、パイン、クリ、ナラ、チーク、ウォールナット、カリン、バーチ、チェリー、メープルなど、無垢材や集成材・合板の色合いや強度について詳しくご紹介。

無垢フローリング材の種類


無垢フローリング材の樹種は、大きく「針葉樹」と「広葉樹」の2種に分類されます。
それぞれの樹種に特徴があるので、フローリング材を選ぶ際には頭に入れておいたほうが良いでしょう。

また、フローリングの樹種を選定するには、インテリアをどのようにデザインするかによっても大きく左右されます。
見た目やおしゃれ感だけでなく、足裏の感触や歩行感も大切ですよね。
様々な木材の性質を知っておきましょう。

針葉樹と広葉樹


一般的にスギやヒノキ、パインなどのような針葉樹は柔らかいです。
一方、ナラやクリ、チークなどの広葉樹は堅く、割れにくいものが多くなっています。
使用の用途により使い分けが必要です。

樹種とその特徴


スギ(日本)


心材は赤みがあり、辺材は淡黄色。
柔らかくて軽量。
加工が容易である一方、割れやすい。
木目は鮮明。
独特の香りを持つ。

ヒノキ(日本)


淡い淡黄色。
狂いが少なく、加工しやすい。
独特の強い芳香がある。

パイン(北米、ヨーロッパ)


辺材は黄白、心材は淡赤褐色。
目は通っていて、乾燥後は安定する。
白っぽく、柔らかで、比較的節が多いのが特徴。

クリ(日本、朝鮮半島)


褐色を帯びた灰白色。
硬くかつ弾力もある。
耐久性がある。
初期は白味があるが、経年で褐色に変化する。

ナラ(日本、中国)


辺材は黄白色、心材は黄褐色。
硬く、弾力もあるが多少割れやすい。
柾目に虎斑が現れる。

チーク(東南アジア)


辺材は黄白色、心材は黄金色。
目が通っている。
耐水性がある。
黄金色がかった濃い茶褐色が独特。

カリン(東南アジア、アフリカ)


心材は強い赤みの茶褐色。
硬く強靭で重い。
磨くと光沢が出る。
ダークな色調で、濃い赤みが特徴。

バーチ(日本、北米)


辺材は白色、心材は淡い黄褐色。
狂いやすいので、十分な乾燥が必要。
木目が細かく美しい。

チェリー(中国)


辺材は乳白色、心材は淡いピンク。
木肌は細かく美しい。
塗装性がよい。
淡いうすピンク色が特徴。

メープル(北米)


辺材は灰白色、心材は黄褐色。
野球のバットにも使われるほど、衝撃性が強い。
カナダ国旗のモチーフ。
モダンな印象。


床材の色合いと家具インテリアとの相性


薄い色の代表格であるヒノキやパインなどでは、淡い色の家具と相性がよいとされています。
一方、濃い色の樹種であるカリンやチークやウォールナットなどは、濃い色の家具と相性がよいでしょう。

また、塗装などの着色加工をしないで、樹種のもっている本来の色を出して仕上げると、長期にわたり自然な色合いを保つことができます。
設計時にはどんな色調の家具が入るのかをイメージして床材を選ぶことをおすすめします。

また、柾目と板目の違いで印象が異なる点にも注目しましょう。
柾目とは、目が直線的になっている目のことです。
一方板目とは、木の周辺の新面で、山形の曲線が多く見られる面のことです。

木材の乾燥と狂い


木材は、乾燥を続けると、一定の温度と湿度の条件下では、膨張も収縮も起こさない状態になります。
この状態の含水率を、平衡含水率と呼びます。

あまり乾燥していない材を使うと、完成後材が縮み、隙間が出るので注意が必要。
通常国産材で、12%前後といわれていますが、エアコンなどで乾燥が進んだ室内では10%程度になることもあります。

表面仕上げは、フローリングの命


ワックスは、木の質感を生かした表面保護のために施されます。
一般的には無色ですが、オスモやリボスなどのような着色されたワックス系塗もあります。

これらの含浸性のワックス系塗料は、木のもつ本来の柔らかさ、通気性、温かみなどを生かしてくれます。
ただし、定期的なメンテナンスが必要になります。

また表面を強くするためにウレタン塗装を施されたものは、耐水性や耐摩耗性に優れるが本来樹木がもっている通気性、吸放湿性、暖かさなどの木のよさを、樹脂の膜で覆ってしまうために損ねてしまいます。

長期的な視点で見れば、無垢フローリング材は、経年変化後でも、表面をプレーナーで削れば、真新しい無垢材の表面が再生できる点も大きな長所。

床暖房非対応のフローリング


床暖房やフローリングのメーカーは、床暖房の床には、床暖房対応のフローリングを使うように推奨しているのが一般的。
しかし、床暖房対応のフローリング材は、収縮が起きないような樹種や部位を厳選し、なおかつ材の乾燥をコントロールしているので、高価な場合が多いです。

しかし、材の多少の収縮を許容できれば、リーズナブルな一般のフローリング材(含水率の低いもの)を使うことも選択肢の1つ。
その場合、支障のない範囲で多少の収縮があっても良いのであれば、それもありです。

集成材・合板系フローリング


無垢材に近い集成材系のユニ集成材やFJL集成材は、無垢材ほど高価ではないのでおすすめ。
合板系のフローリングは比較的廉価ですが、表面がはがれやすくかつ傷が目立ちやすいという特徴もあります。

フローリングは同じ樹種でも、無垢材と集成材・合板系フローリングでは歩行感が異なることがあります。
それぞれの長所を押さえておきましょう。

集成材系フローリングの種類


近年は、接合の接着の技術が進んでおり、集成材系フローリングにはフィンガージョイントの技術でユニと呼ばれる短辺方向をつないだもの、小さな無垢材のプロックをつないだFJLタイプなども含まれ、これらは無垢材に近い特徴を持ちます。
世界的な森林資源の有効活用という観点からも、これらのタイプは今後は一般的になると言われています。

合板系フローリングの種類


表面的な見かけは無垢材のようですが、コストダウンのために合板の上に薄くスライスした無垢材(仕上材)を張ってあるものが合板系フローリングです。

表面が薄いものははがれやすく、傷が目立ちやすいので注意が必要。
表面の仕上材には適度な厚み(最低でも1mm以上)が望ましいと言われています。

JAS規格では、基材の種類別に、合板を基材とした複合1種、集成材や単板積層板を使った複合2種、その他を複合3種として分類していますが、合板系フローリングは複合1種になります。

集成材・合板系フローリングの品質は安定している


複合フローリングは、無垢材に比べ含水率や乾燥・収縮などの狂いが生じにくいのが長所。
その特徴を生かして、板幅が広いもの、床暖房対応のものなど無垢材では対応が難しい製品も集成材・合板系フローリングとして多く出ています。

歩行感に注意しよう


フローリングの歩行感は、実際に施工されないとなかなか実感できないことが多いですよね。
しかし、一般的に集成材・合板系フローリングは無垢材に比べ硬く、弾力性が少ないので歩行感が硬くなることが多いです。

弾力性や下地の構成にも注意を払い、施工後のフローリングの歩行感も意識した素材選べが大切です。

高品質としての3層フローリング


無垢材の短所は、反りや縮みが起こること。
これをカバーするためにつくられたのが、3層構造の複合フローリングです。

仕上材の厚みが5mm程度もあり、幅広のものが多いです。
見た目もしっかりして無垢材のよう。

さらに3層構造になっているため、床暖房による縮みや反りが非常に少ない材です。

マンション用フローリング


マンション用のフローリングは、直貼りタイプ用と2重床タイプ用の2種類があります。
直貼りタイプは、裏張りした緩衝クッション材を直接コンクリートスラブに貼り付ける工法。
遮音性、施工性、快適性などに問題がないか注意して採用する必要があります。
特にリノベーション時に床張り工法には注意が必要です。

チークのFJLタイプ集成材を活用した事例


ユニタイプやFJLタイプの単層フローリングは、半端な材料を再利用した省資源型の材料です。
木材の種類や室内の大きさ、求めるイメージによっては、これらの集成材系フローリング材も、無垢材に劣らずデザイン性がよい場合もあります。


こちらの記事も読まれています
このエントリーをはてなブックマークに追加
同じジャンルのおすすめ記事
38

TOP